「マネキン」 の由来

最近はその存在が当たり前のようになってきました。
それはもちろん製作技術の向上や、販売商品そのものの質の向上があげられるでしょう。
一昔前は商品より「マネキン」の方に目がいってしまってました。
ただ、それはその仕事が「モデル兼販売員」であるといった事実を、我々が以外に知らなかったからかもしれませんね。

■「マネキン」の由来

「マネキン」は、フランス語で「モデル」を指すmannequin(マヌカン)の英語読みからきていいますが、(そのマヌカンについてはオランダ語で「小人」を指すmanikinからきているとのこと)日本では「招かん(まぬかん)」に通じるから縁起が悪いとか、逆に「招き猫」や「招金」にかけて造語がされたといった話があるようです。

日本における「マネキン」の歴史は1925年までさかのぼります。
大正14年3月に初のマネキン人形専業メーカー「島津マネキン」が京都府京都市で創業されました。
「モデル兼販売員」としての「マネキン」は、関東大震災の5年後。
上野で開催された大礼記念国産振興東京博覧会でが最初。
高島屋呉服店が「マネキン・ガール」を登場させたのがそのはじまりだそうです。

「マネキン」という言葉は、店頭において各種商品の宣伝・販売促進にあたる販売員(宣伝販売促進員)や、その職種のことも指します。
服飾品の販売から使われるようになった用語ですが、現在では食品の試食・実演販売などにも用いられているようです。
単に「マネキン」という四文字だけ聞くと、衣服の展示に使われる等身大の人形を我々は想像します。
そのため職種は「マネキン職」、従事者は「マネキンさん」などといった呼び名もあるそうです。

服飾業界ではフランス語での発音に従った「マヌカン」が用いられているとか。

それだけ「マネキン」は人形というイメージの強さがうかがい知れます。
今回、マネキンを取り上げたのは、その由来に「真似」が絡んでいると考えたからなのですが、全くそんなことはありませんでした。日本語からとも思ってはいませんでしたが、フランス語とは・・なんともベタな。


女性用マネキンG-7 等身大176cm 全身マネキン婦人用 店舗用品 MK-2727


サラ-FTD-22 ウィッグ付 等身大 マネキン ベージュ色




著者: tossie

居住地域:北関東
年齢:70年代生まれ
趣味:釣り、散策

言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。
ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。
プロフィール詳細
Twitterでフォロー

一言コメントする

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)