「スタジオジブリ (GHIBLI)」 の由来

すばらしい作品を日本国中に、いや世界に届けてくれます。
ものすごく愛嬌のある可愛らしいキャラクターや「トトロ」「オウム」「ポニョ」「ジジ」
正義感と凛とした姿の際立つ登場人物「ナウシカ」「パズー」「メイ」「千」
そして終わった後に何かを考えさせるストーリー。
「もののけ姫」「平成たぬき合戦ぽんぽこ」「おもいでぽろぽろ」
自分は完全におたくか・・・いやそんなことはありません。
ただのエンターテインメントではないのですから。
完全に社会派。
今日はスタジオジブリについて。

ジブリといえば宮崎駿さんなわけですが、その宮崎さん先日も面白いことをやっていました。
それは・・・「一人デモ」
6月11日、「NO!原発」というプラカードを下げデモを行う宮崎さん。
参加総数4人と犬1匹。
「目撃者がわずか6人という情けなさ」だったらしい。
もちろんその模様は雑誌の取材に関連したものであったので、参加者数人、目撃者は6人ではありましたが大変大きな話題になっておりました。
会社の屋上には「スタジオジブリは原発ぬきの電気で映画をつくりたい」と書かれた横断幕。
それについては「『反原発』とか『No Nuclear』とか格好をつけるよりも、『原発ぬき』の方が等身大でいい」と文章が決められ、「攻撃的ではないカタチで自分たちで書こう」と手書きで制作されたとか。
これって本当は大変なことなんですよね。
「原発ぬき」と柔らかく発信してますが・・・
なぜこのメッセージってネットではよく見かけてもテレビでは見かけないのか・・・
自民党の某議員さんによれば、「ミュージシャンが反原発を主張すると、スポンサーがついてるテレビはぜんぶ出演禁止になっちゃうし、東芝EMIは(親会社となる)東芝が原子炉を作っているから、そんなのとんでもないという話になる。」のだそう。
つまり堂々と横断幕を掲げ、『原発ぬきの電気で映画をつくりたい』という意思を表明するスタジオジブリは度胸があるらしい。
それに世界的な知名度があるから効果も絶大かも。
またそのユニークな発信方法がスタジオジブリらしいし。
アニメ同様に、柔らかな手書きのタッチで記された「反原発」の強いメッセージが、人々の心に強く響いたのでした。
もちろんその精神は筋金入り。
出世作ともいえる「風の谷のナウシカ」を思い出してみてください。
火の七日間を経験した地球は殺し合いと汚染によって住む場所を奪われます。
人間は腐海(ふかい)と呼ばれる汚染地域を避けて数少ない作物を作れる土地で必死に生きようとします。
そこまで土地を汚染してもまだ人間同士の争いをやめようとしない人々。
なんだか今の日本を見ているとそれほど遠くない未来のような気がしてなりません。

■ジブリの由来

ジブリとは、「サハラ砂漠に吹く熱風」という意味のイタリア語なのだそうです。
(本来イタリア語では「ジブリ」ではなく「ギブリ」と発音するのが正しい)
日本のアニメーション界に旋風(熱風)を巻き起こそうという気持ちが入っているそう。
更に「ジブリ」は第2次世界大戦中に使用されたイタリアの軍用偵察機の名前でもあるそうで宮崎監督が命名したそうですが、監督実は飛行機マニアらしい・・・
そういえば作品には様々な種類の飛行機が登場してきますよね。
私も精巧な模型などには興味がいくほうなので、いくつか持っているのですがお店で一目ぼれしたのは世界大戦時のナチスドイツのヒトラー専用の飛行機。
ナチスの卍にやばさを感じた私は即購入を決断。
隣に、もっとボテっとした同様にドイツの飛行機模型があったので手に取ると「あぁ それはあれだよ。ジブリの映画のモデルになってるドイツ製。」という定員のドヤ顔の説明が入った。
そんなわけで二機購入。
そうか!宮崎監督はマニアだったんだ。
かなり細かい話になりますが、「紅の豚」においてはエンジンにGHIBLIの名前が入っているそう。
監督の情熱・思い入れがうかがえますね。

なんだか今日は私も「熱」が入ってしまいました。
好きなんですよ。ジブリの作品。
そしてここでいつもならビシッと落とすわけですが、、
ナチスに原発・・・スタジオジブリの主張がすでに濃すぎるから私は今日は黙っておこう。



著者: tossie
居住地域:北関東 年齢:70年代生まれ 趣味:釣り、散策 言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。 ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。 プロフィール詳細 Twitterでフォロー

一言コメントする

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)