「十日(とおか) 二十日(はつか) 三十日(みそか)」 の由来

「十日(とおか) 二十日(はつか) 三十日(みそか)」 の由来についてまとめたエッセイです。由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。

「はつか(20日)はジャスコ」

これはジャスコがイオンだったころの宣伝文句です。
大手スーパーのジャスコはなぜ二十日に客を呼び込もうと考えたのか?
これは私の憶測だが、音の響きがよかったからではないだろうか。

ではなぜ、10・20・30の区切りのいい日を「とおか はつか みそか」というのかというと、実は現在のような「いち、に、さん…」という数え方の方が後付、つまり外国から伝わってきたものなのだそう。

元々の数の数え方は和語と呼ばれ、外国の影響が無い時代の古い日本語のことを言います。
その「ひふみよ・・・」で数えて行くと、10は「とお」となり、20は、「とお」が「ふたつ」であることから、「ふたつ・とお」がつまって「ふつ」となり、発音は「はつ→はた」となるのだそう。

「か」の方は、「日(ひ)」を表す言葉で、これもやはり和語。
太陽や日光を指さない「日」の意味となります。20歳を「はたち」と呼ぶのもこの原理。
ふつか、みっかなども、「ひ、ふ、み、よ・・・」と数えるうちに、間の音が詰まったものだだったのです。
「三十代」を「みそじ」と呼ぶのも、晦日と一緒ですね。

ちなみに「ついたち」だけ別由来なのだそうで、「月立」つまり月が立つ、その月が始まる日、で「ついたち」となるのだそう。
これまた覚えずらい事実です。

さて話を冒頭のジャスコに戻すと、イオンとなった今も20・30にはセール企画があるるようだ。
つ ま り ただただ、区切りよく分かり易いからその日だったようですね。




著者: tossie
居住地域:北関東 年齢:70年代生まれ 趣味:釣り、散策 言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。 ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。 プロフィール詳細 Twitterでフォロー

一言コメントする

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Related Posts

「旦那(だんな)」 の由来