「押忍(オス)」 の由来

「押忍(オス)」 の由来についてまとめたエッセイです。由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。

留学生である友人に頼まれたんです。
「おもしろい漫画何か貸してくれないか?」
日本語の勉強に使うというのだ。
何事も夢中になると飲み込みが早いというのは万国共通。
さて何がいいでしょう。
ワンピース、スラムダンク・・・そうだ。これはどうだろう。
「ドラゴンボール」
西遊記をなぞったような巨匠とりやまあきらさんの作品で、単行本はもう20年以上前に発行されたにもかかわらず、現在でもアニメが放送されているという、
世代を超えた日本の代表作である。
とりあえず1~5巻を渡して様子を見ることにした。
数日後そのことについて話が及ぶと普段は気づかないいくつかの事象に遭遇した。

「パンパンって何?」

主役である孫悟空は拾われてこの方育ての親であるじいちゃん(男)しかみたことがない。
じいちゃんの死の後、不思議な玉を捜し求めて訪ねてきたブルマという若い女と運命的に出合い、共に旅をするというストーリーなのだが、女がいまいち理解できない。
そんな中で男と女を確認するために・・「パンパン」っと・・
その先は説明不要?またそれを日本語の分からない留学生に説明するのが難しいし、面倒くさい。
それ以外にも難解な言葉が多かったようで、中々先に進まないとのこと。
漫画のチョイスを誤ったようで・・
そもそも冒頭から説明しなければなりません。

「オッス!おら ゴクウ」 このオッスって?

オッスって言われてみると説明が難しいことに気づかされました。
挨拶だよって簡単に答えたいのですが、我々はこの言葉のイメージだと、格闘家が気合を入れるときの方が馴染みやすいのです。
早速調べてみると、挨拶であることは間違いないようで、それは親しい間柄であったり、武道家や応援団の掛け声だったりとのこと。
ちなみにドラゴンボールの孫悟空さんは武道家の挨拶となりますね。

オッスの由来

やはり挨拶からきているようです。
戦前の京都に武道専門学校(大日本武徳会が運営)というものがあったそう。
ここでは、後輩が先輩に返礼する際に使われた挨拶が「おっす」だったとか。
元々は「おはようございます」であり、それが「おはよーっす」→「おわーす」→「おす」と縮まり、そこに「押して忍ぶ」(自我を抑え我慢するという意)という言葉の漢字を当て、現在の形になったのではないかと言われているそうです。
「押して忍ぶ」が強いのは熱い中でも学ランでがんばる応援団でしょう。
武道の精神を感じますね。

他説として佐賀藩では山本常朝の『葉隠』が武士道の基本とされ、藩校において厳しく躾が為されていた時、若い青年武士たちが互いに励まし合う意味で、往来などで出会った際に、「押忍!」と声を掛け合ったと言われているそうです。
確かに「おす!」だと普通の挨拶より気合が入る気は前からしていました。
挨拶は基本ですからね。その辺から正したのでしょう。
応援団や武道家が使う押忍はこちらのほうの意味であり、友達同士でオスというのは前記のように「おはよう」などが縮まったものであると考えられるようですが、いづれも通じるものがあるように感じるのは私だけでしょうか。

オッスが更に発展すると、有名ないかりや長介の「オイッスー」となるそうです。
これは会ったばかりで親しい間ではないけれど、一気に距離を縮めたい時に用いるそうです。
なんて事実はありません。




著者: tossie
居住地域:北関東 年齢:70年代生まれ 趣味:釣り、散策 言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。 ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。 プロフィール詳細 Twitterでフォロー

一言コメントする

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)