「猿岩石」 の由来

こんな名前のコンビがいたことを皆さんは覚えてますか?
「猿岩石」 一世を風靡(ふうび)したのはもう十年以上前です。
それでもメンバーの名前を聞けば容易に思い出すことでしょう。
有吉弘行さん(ありよし ひろいき)ボケ担当、 森脇和成(もりわき かずなり)ツッコミ担当。
お二人とも広島県の出身です。
そうです。
再ブレイクを果たした珍しい芸人有吉さんの昔のコンビ名です。
この垢抜けない名前が示すとおり、二人は不思議なデビューを飾り打ち上げ花火のように見事に消えていきました。

1996年4月、テレビ番組「進め!電波少年」の企画の中で半分騙されて香港に連れていかれます。
香港で告げられたのは「イギリスまでヒッチハイクで行け」ただそれだけ。
「いつでもリタイアできる、所詮はTV企画」といった甘い考えで旅はスタート。
幾多の試練を乗り越え、そのたびの模様は人々に笑いと感動を届けます。
私も当時毎週欠かさず見ていました。
この企画と共に「電波少年」の視聴率も持ち直し、2003年まで続く事になりました。
彼らはその後のリアル旅番組(あいのりとか)の先駆者だったのかもしれません。

2人は1996年10月に無事ロンドンにゴール。
その後ヒッチハイクの裏話を記した「猿岩石日記」もシリーズ累計で250万部のベストセラーとなりました。
当時のギャラは給料制だったそうですが、印税などの収入があったため、月収が最高2000万円だったといいますからその勢いがうかがい知れます。

■「猿岩石」の由来

そんなぱっと出ながら一世を風靡して「しまった」お二人のコンビ名の由来は有吉さんと森脇さんがそれぞれ学生時代に好きだった女の子のあだ名を合体させたものなのだそうです。
有吉さんの方は、好きだった女性が付き合っていた男性が猿に似ていたから「猿女房」。
森脇さんの方は、鼻の横にでっかいほくろがあったから「ほくろ岩石」。
どちらの女性もできれば一度拝んでみたいものですね。
しかし好きな女性に付けるあだ名ではないと思いますが、、、
そもそも好きなのにあだ名を付けるという発想も普通はないですよね。

灯火は案の定一瞬のものと消えて、二人はまたもとの生活に戻ります。
心機一転もあったのでしょう。
2001年4月フジテレビの「プレゼンタイガー」の企画で改名します。
その名も・・・「手裏剣トリオ」。二人なのに?
もう一つの案「なうまんぞう」もあったと言いますが、自ら「手裏剣トリオ」を選んだのだそうです。
当時は改名ブームで成功した方も多くいましたが、猿岩石の場合は人気が出ぬまま、同番組で再び「猿岩石への再改名」を宣言しました。
そして2004年3月に方向性の違いにより解散。
(有吉さんはお笑い芸人、森脇さんは役者・音楽家・実業家)

しかしその後皆さんよくご存知の奇跡が起こるのです。
解散後もピン芸人として活動していた有吉さんが、辛口、あだ名芸人として再ブレイクを果たしたのです。
これには驚きましたね。
私は簡単に受け入れられませんでした。
というのも・・・私は彼に似ていると言われたことがあるからです。(毒舌も?)
二枚目俳優ならいざしらず、もちろん嬉しいわけがありません。
彼の露出と共にまた言われるようになったのです。
早く消えて~そんな願いも虚しくどんどん売れていき、今では他の芸人も一目置く存在に。
はっきりいって迷惑でしたが、今では諦めと、どうせなら頂点を取ってくれという気持ちに変わりました。
人の一生とは分からないものですね。
運と努力と、両方で二度頂点を極める人もそうはいないことでしょう。
これからもがっばって欲しいものです。ほんとに。笑


ゴールデン☆ベスト ~白い雲のように~


猿岩石日記〈Part1〉極限のアジア編―ユーラシア大陸横断ヒッチハイク (角川文庫)




著者: tossie
居住地域:北関東 年齢:70年代生まれ 趣味:釣り、散策 言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。 ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。 プロフィール詳細 Twitterでフォロー

一言コメントする

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)