「北大路欣也(きたおおじ きんや)」 の由来

独特の存在感で唯一無二の存在。
そんな俳優さんてそうはいないと思います。
その人がいるだけでドラマや映画の雰囲気が変わるんです。
私がそれをいつも感じるのが「北大路欣也」さん。

それまではよく知らなかったのですが、なんとなく大御所って雰囲気を感じたのと、その名前が「北大路欣也」だからきっと歌舞伎とかそっち系のなかなかテレビには出ない人だと思っていました。
初めて意識したのは確かTBSのキムタク主演の華麗なる一族って作品。
テレビに出てくるだけで重鎮て雰囲気が出てて、そのもみ上げの色や、目つきの鋭さや佇まいがドラマの時代設定である1960年代の神戸にピッタリだったのをよく覚えています。
それだけインパクトが大きかった。なぜそれまで気付かなかったのか。その経歴をみると、半分ほどが時代劇。
なるほど、時代劇などそれほど見ないからそのせいだったのかと考えたわけですが、まぁとにかくその名前「北大路欣也」のインパクトがすごすぎる。
もちろん芸名なのだろうけど、その出所(生い立ち)が特に気になります。

■「北大路 欣也」の由来

北大路 欣也(きたおおじ きんや)さんは京都府京都市出身の俳優さん。
本名は淺井 将勝(あさい まさかつ)とのことで、やはり芸名でした。
それでも、その本名も特徴的ですね。
映画・テレビドラマ・舞台などが主な活躍場所とのこと。
特別な家柄かと思えばそうでもないようですが、お父さんは俳優の市川右太衛門さんとのことで二世俳優であることが分かりました。
でも市川ってことは、やはりそっち系なのでしょうか。
何も知らないのでご存知の方は勘弁してくださいね。
事務所が大手ホリプロ・ブッキング・エージェンシーだってことでまたまたわからなくないます。
近づきにくい存在なのか。それとも親しみやすい身近な方なのか。。

それにはやはり、市川 右太衛門(いちかわ うたえもん)さんを知らなければならないよう。
市川 右太衛門さんは、大阪府大阪市西区出身の歌舞伎役者、映画俳優。
時代劇映画スターとして活躍。出演総数は320本というから、おそらくうちのおばあちゃん辺りの世代にとってはアイドルだったのだろう。
ただ本名は淺井善之助(あさいぜんのすけ)といい、香川県出身の鉄工所経営者の息子ということだから、世襲とか家元とか、そんなに何代も続く歌舞伎の家系ってことではなさそうですね。

そんな市川右太衛門の次男として生まれたのが北大路欣也さん。
1956年(昭和31年)、映画「父子鷹」(東映)で勝海舟の少年時代役を演じ、父に付き添われてデビューを果たします。
大スターの息子の華々しいデビュー。
撮影は小学校六年生で、封切は中学一年生の時だったのだそう。
ただ、右太衛門さんは子供たちをもともと俳優にするつもりは無かったとのこと。
勝海舟の少年時代役を演じる適当な子役がいなかったことから、欣也さんに白羽の矢が立ったのでした。
ということはすでに芸暦60年近い・・・すごい。
芸名である「北大路欣也」については、父である右太衛門さんに関係が有ります。
右太衛門さんは邸宅があった京都市内の地名から「北大路の御大」と呼ばれていたのだそうです。
そこから「北大路」、更に「北大路に住む」右太衛門が「欽(よろこぶ)也(なり)」という洒落から 「北大路欣也」が生まれたといいます。
こういった由来を聞くとずいぶん身近に感じますね。
御曹司のような名前が、実は「欽(よろこぶ)也(なり)」とは・・・

「北大路」といえばもう一人著名人がいます。

陶芸家の北大路魯山人さんです。
こちらはには京都の上賀茂で生まれ本名は北大路房次郎さん。
やっぱり京都あたりには北大路って苗字はあるんだなということを確認しつつ、こちらの名前のほうが(北大路魯山人)今は不思議に感じます。
苗字が北大路なのに名前を更に魯山人にするなんて・・・
余計なお世話ですね。


子連れ狼 DVD-BOX 二河白道の巻 (4枚組)


しゃべる犬 カイくんのひとりごと



著者: tossie
居住地域:北関東 年齢:70年代生まれ 趣味:釣り、散策 言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。 ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。 プロフィール詳細 Twitterでフォロー

1コメント

  1. だるま - 2016年2月25日, 6:29 AM Reply

    くだらない 犬はやめてもらいたい 俳優キャリア
    が くだらないものに なる!

一言コメントする

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)