「のどちんこ」 の由来

好奇心旺盛な子供の質問には時に往生します。
「体のなかってどうなってるの?」
仕方がないので皮から骨・血管・筋肉といった概略を説明させていただき、更に食べ物や空気の流れから心臓・肺・食道・胃・腸といった内臓器官をなるべく簡単な言葉を使って身振り手振りを用いて話して聞かせました。
理解できたかどうかはいまいち手ごたえはありませんでしたが納得はしたご様子。
やれやれ、、席を立とうとすると引き止めるように次の質問が飛んできたのでした。
「声はどうやってでるの?」
ああ・・それはいい質問でございます。
とはいうものの何でだでしたっけ?
適当に雑談を交えて考える(もしくは誤魔化す)
時間を稼いでいると何となく思い出してきました。
「ああ、そうそう。この喉にぶら下がっている喉ちんこってやつが震えることで声が出るんだよ。」
正確には、声帯の振動と鼻腔(鼻の穴からのどに続く穴の事)などの空間の共鳴で成り立っているそうです。
「ええ?何それ。そんなもの本当にあるの?見せてよ。」
歯医者さん以外で人にそれほど見せたこともないし正直面倒だけど仕方がないから口を開いて あ~~と声を出してみました。
「え どれどれ。あ あ 本当だ。」
よかったよかった。なんとなく誤魔化せたかな?ではでは・・
もう終わりねって態度で背を向けようとしたところに、「もう一度見せてよ。」と待ったがかかってしまった。
面倒くさいなぁ。というかなんとなく恥ずかしいし。恥ずかしい・・そうか!
「もう終わりだよ。ちんこっていうくらいだからそうそう他人に見せるものじゃにからね。はい、終わり。」
我ながら苦し紛れに面白い(くだらない)ことを言ったものです。

のどちんこの由来

そんなくだらないやり取りから疑問が生まれたのです。
「のどちんこ」の由来はやっぱりそのビジュアルからなのだろうか?
よくよく考えてみるとやっかいな(危なっかしい)場所にぶら下がっているものです。
確かに「たたずまい」に共通点は見られます。
しいて言うなら勃起はしないくらいの相違点しかないかもしれないですね。
そもそもこれって・・さすがに正式名称ではないようで、医学的な正式名称は口蓋垂(こうがいすい)と言います。
文字通り口蓋に垂れ下がっているものという意味となります。
通称として喉彦(のどびこ)・上舌(うわじた)・そして「のどちんこ」などが。
その発生は、口蓋の左右の組織が一つに繋がる段階で余った部分だそうでなんとふたつある人や、先がふたつに割れてる人もいるそうです。
さすがに友達でも詳しくは見せてもらえないので確認は難しいですね。
そもそも自分のですらそんなにしみじみは見たことないですから。
また、その存在意味については発音の補助、誤飲防止、不要な部位など諸説あるようです。これは意外ですね。
意味がないという可能性もあるわけです。
更にデメリットとして飲酒や疲労などによって口蓋垂が軟口蓋や舌根とともに腫れて気道を塞ぐといびきの原因となるそうです。
つまり口蓋垂が大きい人はいびきをかきやすいとのこと。
これは私も当てはまるので早速チェックしたいのですが、誰と大きさを比べればよいのでしょう。疑問
そして肝心要の「のどちんこ」という品のないネーミングについてですが、見たままを表現しているのだそうです。
つまり「ちんこと同じようにぶら下がっていて形が似ているから」
呼ぶ人によっては「喉ちんぽ」とも言うらしいです。
いやそんな呼び方している人見たことないですが、どこかにはいるのでしょう。
まじめな顔して喉ちんぽと呼ぶ人が。
なんだやっぱりそうなのかと、納得する反面なんだか力が抜けますね。
今回すごく考えさせられたのは女性でも「ちんこ」持っているんだってこと・・でしょうか。



著者: tossie
居住地域:北関東 年齢:70年代生まれ 趣味:釣り、散策 言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。 ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。 プロフィール詳細 Twitterでフォロー

一言コメントする

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Related Posts

「ファッションヘルス」 の由来

「マスをかく」 の由来

「マスをかく」 の由来

「パイパン」 の由来

「オナニー」 の由来