「ほくろ」 の由来

誰でもフェチってあると思うんですね。
ただそれを口には中々出せないものです。
それがパンストであったり、うなじであったり、特にお尻や太もも、バストといった際どい部分が絡んでいたならそれはなお更であることは言うまでもありません。
男性目線だなぁ・・・
それが女性であったなら筋肉とか、脛毛とか胸毛とか(毛ばかりだなぁ)髭だったりするのでしょうか。

私のフェチは「ほくろ」であります。
場所、大きさ、バランスなどが気になります。
といっても気になるのは顔のほくろだけで、それを利用して苦手な「人の顔を憶える」に活用したりしています。
特に気になるポジションは鼻の横の目の下。私のホットスポット。
俗に言う(自分の中だけ?)宮沢りえボクロであります。
これを女性の顔に発見すると、その女性の自分の中での魅力が20%アップするのです。
逆に苦手なのが泣きボクロや目じりのホクロ。
こちらは全体のバランスにもよりますが、個人的な見解で大変申し訳ありませんが通常より半歩下がってしまうのであります。

■「ほくろ」の由来

ほくろとは、皮膚の表面にある、黒あるいは褐色の班のことで、大きさは小豆くらいのものまでを言います。(それはちょっと大きすぎではないかい?)
表皮の一部にメラノサイトが密集し、あつまった表皮の組織の異常であり、黒いものが多いので黒子と当て字をしていますが、ほくろと読みます。
日本語では古く(平安初期から鎌倉初期)「ははくそ(母糞)」と言いました。
文字通り「母胎内でついた母親の糞」の意だそうです。
産んでくれた親に対してなんとも失礼なネーミングですね。
現代ではもちろん考えられないことです。
やがて黒いことから鎌倉時代初期に「ははくろ(母黒)」という語が生じ、更にハワクロ→ハウクロ→ホウクロという音韻変化を経て、室町時代末期にホクロとなったのでした。

意外と知られていないことだそうですが、なんと!ほくろができる箇所は先天的に決まっていることです。
言われてみれば、うちは親子で、兄弟で、同じ箇所にほくろがあります。
左手の甲の下部や、眉毛の上など。
ということは、ホクロのある場所に惹かれるというのも、
何らかの遺伝情報の問いかけなのかもしれませんね。


トミーリッチ ほくろ隠し 濃いホクロや立体的なホクロを自然なタッチで隠せます♪


改訂ほくろ占い 顔から足先まで全身編




著者: tossie
居住地域:北関東 年齢:70年代生まれ 趣味:釣り、散策 言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。 ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。 プロフィール詳細 Twitterでフォロー

一言コメントする

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)