「日本・JAPAN」 の由来

日のもとの国「ニッポン」。やはりこれが由来なのでしょうか。
いつごろから呼ばれたのでしょうか。
NHK「龍馬伝」で「日本人として・・」なんて言葉を耳にするときっとそれより前なのでしょう。
また、英語の「JAPAN」てのも誰がつけたのかが気になります。
その他にも「ジパング」「倭」なんて呼び名もありましたね。今日はその辺を調べてみましょう。
「日のもとの国」なのであれば、相対地名ではないか。
つまり、他所の国からみて日が出る方向だから、となるわけです。どこの国から?
それは世界の中心と考えられていた中国からということなのだそうです。
なるほど「中国」という名前から(略ではありますが)我々が世界の中心であると宣言しているかのようですね。
だから中国から見える半島も「朝の鮮やかなるところ」で朝鮮となるわけですね。
「日のもとの国」と言われて悪い気はしませんが、それを自ら名乗るのはなんだか腑に落ちない気もしないでもないですね。
日本では大和政権による統一以来、自国をヤマトと称していたそうです。
その頃は中国や朝鮮では日本を倭(わ)と呼んでいたようです。ちなみに倭はもとは委だったようです。
この「倭」は中国から見た周辺民族への蔑称としての表現だったのは中学の歴史でも教わるお話。
つまりこの頃は馬鹿にされていたのでしょうね。
しかしその後、中国との国交が120年ほど途絶えたわけです。
7世紀初めに再開されたときには、文書などで、「日出処天子」というように倭と自称することを避けるようになったようです。
このことについて当時の隋では、隋書の中ので、「日出る処」の表現より、むしろ「天子」という言葉に激怒していたようです。
天子はこの世にただ一人、という原則を覆す行為だったからようです。
旧唐書の東夷伝の中で初めて、「倭国」と「日本国」とを併記し、「日本国は倭国の別種なり。其の国,日の辺に在るを以て故に,日本を以て名と為す」とか、「或いは曰く、倭国自ら其の名の雅ならざるを悪(にく)み,改めて日本と為す」とか、「或いは曰く、日本は旧(もと)小国,倭国の地を併す」といったように、倭から日本に変わった理由を紹介しているそうです。
この頃は、遣隋使、遣唐使と交易が盛んであったころなので、次第に認められたということなのでしょうか。
ただ、「日出処」が「日本」に転化していったことはまず確かだ思えますが、明らかでないのだそうです。
日本という国号が確立したのちの書物においては、国号に関するかぎりすべて倭を「日本」と書き改められているそうです。八世紀ごろのお話。
由来についてはこんなところでしょうか。
中世に中国を通じて日本をヨーロッパに紹介したマルコ・ポーロの「東方見聞録」においては、日本国が「Zipangu,Jipangu 」と書かれているそうです。
ここで「ジパング」が登場するわけですが、考えてみればジャパンもジパングに似ていましたね。なるほど。
この呼びが、その後ヨーロッパに広まった Japan,Japon,の元となるようです。
これについては、日本に対する中国の華北音の jih pen に基づくとする説と、華南音の yat pun に基づくとする説とがあるそう。
どれをとっても中国絡みなのが日本人としては歯がゆい気がしますがこれが歴史のようです。
近代では日本の読み方を統一しようという動きがあり、1934年の文部省臨時国語調査会では、「ニッポン」を正式呼称とする案が議決されたそうですが、法律制定には至らなかったとか。
これって本当に正式なのでしょうか?ここにも曖昧な日本人のよさが見え隠れしていますね。
スポーツの応援にはリズムに合わせて断然「ニッポン」がよさそう。
今日はこんなところで。



著者: tossie
居住地域:北関東 年齢:70年代生まれ 趣味:釣り、散策 言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。 ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。 プロフィール詳細 Twitterでフォロー

一言コメントする

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)