「クルトン」 の由来

「クルトン」 の由来についてまとめたエッセイです。由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。

申し訳ないけど個人攻撃ではないので言わせて下さい。

なぜあの美味しいコーンポタージュに入れるの?
なぜサッパリしたサラダの上にのせてしまうかな~。
てゆーかその可愛すぎる名前何?
さてお分かりでしょうか?今日の主役は・・・クルトン

■「クルトン」の由来

クルトンとはサイコロ状に切ったパンをもう一度焼き上げたり、バターや油で炒めたり揚げたりしたもののことなのだそうです。
皆さんは知っていましたか?クルトンが二度あげしたパンであったことを。
というかこの製法・・・ラスクに似てないですか?

クルトンはゴマをまぶしたり塩、香辛料、ハーブなどで味を付けることもある。
てことは、クルトンはしょっぱくてラスクは甘い?
いやいやしょっぱいラスクもありますよね。更にクルトンも硬くなったパンを使うというから・・・
まぁラスクとの対比はこのくらいにしときましょう。

皆さんご存知のようにクルトンはシーザーサラダを代表とするサラダのトッピング、またスープの浮き実に使われるのが一般的。
ただ時には、ローストチキンなどの詰め物をつくるのにも用いられるそうです。
これも必要ない気がするけど・・・そこはやはりお好みでしょう。
今更書くことでもないですが私はクルトンがかなりの苦手。

その由来はフランス語で、パンの外側の固い部分などを意味するクルート(croute)からきているのだそうです。
ちなみにパンをクルトンよりも細かく粉状にして乾燥させたものはパン粉となり、フライやトンカツの衣やハンバーグや肉団子のつなぎとして用いられ我々にも一般的。
大きさが変われば認知度も待遇も出番もずいぶんと違うものですね。

さてここからは曖昧さ回避。
クルトンにはもう一つの顔があります。
それはソニー・コンピュータエンタテインメントが発売したアクションパズルゲームの名前。
こちらはちなみにクルトン(Qruton)ですが・・・
プレイステーション・ポータブルとプレイステーション3の両機種向けに2009年にオンライン限定で配信というから認知度はそれほどでもないですかね。

クルトン 公式サイト – ソニー・コンピュータエンタテインメントは>>こちら

まぁそんなこと改めて書かなくてもクルトンなんかに興味を示す人が間違えるわけがないよね。




著者: tossie
居住地域:北関東 年齢:70年代生まれ 趣味:釣り、散策 言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。 ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。 プロフィール詳細 Twitterでフォロー

一言コメントする

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)