「ひょん」 の由来

「ひょん」 の由来についてまとめたエッセイです。由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。

自分で意識せずに出てきた言葉に対して興味を持つ。
由来メモを書いているとそういったことがよくあります。

■「ひょん」の由来

「ひょんなこと」といった時に用いる「ひょん」。
これは 「たまたま、偶然の出来事で」といった意味。

この「ひょん」にはいくつかの説があるようです。

一つ目は、その偶然性から変わったとか、妙な、という事を象徴する現象から。
それはいわゆる「宿り木」。
種類の違う樹木が、結びついて成長する。なんとも不思議な出来事です。
花を咲かすと本来とは違う色の花が咲くことがあり、このことを「ひょん」と呼んだというのがそれ。
この状態を江戸時代に「ひょん」と呼んだことからきているというもの。

次の由来は「変なもの」がキーワード。
言葉そのもの「変なもの」が転じて「ひょんなもの」になったとか、「ひょうたん」が変な形をしていることからきたというのがその説。

他にも中国から来た説を一つ。
これは中国では「凶」の事を「ひょん」と読み、不吉な事が起こる前兆とされていたというもの。

やはり樹木からもう一説。
「イスノキ(柞)」と言う樹木があるそうで、この木になる実がとても特徴があるのだとか。
そこからこの木の別名「ひょん」にあやかって生まれたというのがこの説。

全体を通してみると、木や植物からきているものが多く、昔の人が自分の知りうる自然現象を超越したものに対して「ひょん」を用いたと考えて間違いない気がします。

あくまで私見ですが・・・
そういったことを踏まえたうえで、明日からの「ひょん」の用い方には気を付けたいと思います。




著者: tossie
居住地域:北関東 年齢:70年代生まれ 趣味:釣り、散策 言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。 ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。 プロフィール詳細 Twitterでフォロー

1コメント

  1. ハチ - 2019年6月14日, 2:15 午前 Reply

    意味が分かってスッキリしました。
    ありがとうございます。

    それと、こちらのページへリンクさせていただきました。
    不都合があれば仰ってください。
    すぐに訂正いたします。

    hachinokoto.com

一言コメントする

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)