「ダンロップ」 の由来

「ダンロップ」 の由来についてまとめたエッセイです。由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。

先日ブリジストンが日本の会社だと知って驚いた私。
今日はダンロップを取り上げるわけですが、こちらは正真正銘・・・というのも変か。

■「ダンロップ」の由来

ダンロップ・タイヤ(Dunlop Tyres)はイギリスを発祥とするゴム、タイヤメーカー。
その由来はベタにダンロップさんという人名からきているのだという。

でもそこには創始するにあたってのおもしろいエピソードがあるというから紹介したい。
時は1888年、ダンロップさんはアイルランド人で獣医師をしていました。
あぁ ここ突っ込みどころです。なぜに獣医?と。

ある日息子のジョニーくんから自転車をもっと楽に早く走れるようにするにはどうしたらいいかと聞かれます。
もっと練習しろと適当にあしらっていましたが、ジョニーくんが自転車のタイヤを壊してしまった時突如あるヒントが閃いたのです。

それはなんと、タイヤの構造が動物のおなかと似ているという事。
そんなことが何になるのか?と思いますよね。
しかしそこは獣医であるダンロップさん。
最愛の息子ジョニーのために獣医の知識を総動員します。
そして生まれたのがゴムのチューブとゴムを塗ったキャンバスを用いた空気入りのタイヤ。
なんとこれが世界初となる空気入りタイヤとなったのです。

同年に特許を取得し翌年の1889年にダンロップを設立。
儲けの種ってのはどこにでも落ちているのですね。
ではなく、息子の為の発明で億万長者! これも違うなぁ。
自転車難何台でも買えんジャン。 これも誤りですね。

そのわずか20年後には「ダンロップ」の日本工場が設立されます。
1937年この会社が「日本ダンロップ護謨」と改称し経営が住友に移ると現在の社名住友ゴム工業(株)となりました。
そのおかげで我々も遠く異国の会社「ダンロップ」を身近に感じられるわけですね。




著者: tossie
居住地域:北関東 年齢:70年代生まれ 趣味:釣り、散策 言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。 ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。 プロフィール詳細 Twitterでフォロー

1コメント

  1. プルプル - 2016年4月10日, 8:21 午前 Reply

    自転車難台ではなく、何台ですよ!

一言コメントする

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Related Posts

「ミノルタ」の由来

「ミノルタ」 の由来

白洋舍の由来

「白洋舍(はくようしゃ)」 の由来

ナムコの由来

「NAMCO(ナムコ)」 の由来

「日清食品」 の由来

「日清食品」 の由来