テニスの由来

Photo By yung

「テニス」の由来

この競技だけは絶対にやらないと決めていた競技がある。
それはテニス。
なぜなら、チャラく見えるから。(完全な偏見)

テニスとの初めての出会いは高校に入ってから。
確かにテニスをやる女の子はカワイイ子が多い!これは認める。
スコートの下も熱い!これも認める。
でもその子たちを目当てにテニスに入部するのはダサい!(負け惜しみ)
入るなら部室の近い応援団だろ!(これは意味がわからない)
大学に入ってもその思考は付きまとった。

入学式後の校門の、よくある勧誘。
だいぶテニスサークルのお誘いを受けた。
この頃になると実は少しチャラチャラし始めた私。
少しだけそれもいいかなと思ったり。

でも最終的に断念したのは、ラケットを必要とする競技に触れたことがないという理由から。
オールラウンド(要するになんでもやりましょう)サークルに入ったのだが、飲み会ばかりでほとんど活動しなかった。
今思えばかじったことがなくてもテニスでよかった気もする。

「テニス」の由来

テニスらしきものは紀元前から存在していたらしい。
8世紀のフランスではラ・ソーユ (La Soule)と呼ばれていたという資料がある。
それが後に貴族の遊戯となって発展し、16世紀にはジュ・ド・ポーム (Jeu de paume/手を使った遊び)と呼ばれていたとか。

テニスという言葉自体もフランス起源説が有力と考えられ、フランス語の動詞tenir(トゥニール つかむ、保つ)の命令形であるtenez(トゥネ 球を落とさないように取ってみろという意味 言葉にするなら
ほら、さあ、そら)から来ているというのが最有力。

つまり、テニスというのはサーブを打つ人が相手にtenez(トゥネ)「ほら、いくよ」と呼びかけたことから始まったと考えられるわけだ。

この件についてはイギリスも黙っていない。
詩人ジョン・ガウワーが1339年に著した「平和を讃えて」の詩の中に「Tenetz」というスペルが出ており、これがテニスの語源ではないかと主張する。
ウィンブルドンもあるしね。
このくらいは主張させてあげましょう。

なにはともあれ・・・なんといっても・・・
錦織選手だ。

すごい!感動した!驚いた!
それと、テニスへの認識を改めた。

ガチかっこええ!



著者: tossie
居住地域:北関東 年齢:70年代生まれ 趣味:釣り、散策 言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。 ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。 プロフィール詳細 Twitterでフォロー

一言コメントする

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Related Posts

「ダフる」の由来

「ダフる」 の由来

「テニススコアの数字」 の由来

「アルペン」 の由来

「ゼッケン」 の由来