グラニュー糖

Photo By ほくべい

「グラニュー糖」 の由来

なんて豪華な名前なんでしょう!
ところでグラニュー糖って何?

「グラニュー糖」の由来

グラニュー糖(グラニューとう、caster sugar)とは、細かい粒状に結晶させた精製糖の一種。
「グラニュー」とは英語のgsranulated(粒状にした)の転訛(てんか)なのだそう。
カスターシュガーまたは、キャスターシュガーともいうらしい。

おおっと全て解決してしまった!?今日の由来メモ。

いやいや待て待て、この「グラニュー糖」日本ではいわゆる上白糖、つまり砂糖のことなのだそうだが、そこには一体どんな違いがあるのだろうか?

「グラニュー糖」は世界で最も使用量の多い砂糖のことであり、国によってはふつう「砂糖」といった場合はグラニュー糖のことを指すのだそう。
日本はそういった意味では特別で、上白糖の方がより一般的で使用量も多い。

グラニュー糖は最高純度の糖液からつくられる無色結晶状の砂糖なので、蔗糖純度が高く、転化糖をほとんど含まないため通常の砂糖よりサラサラしている。
また非常に溶けやすく、味にクセがないのが特徴。
そのため、コーヒーや紅茶に入れる甘味料として使われることが多いんだって。

どうやらその一番の違いは結晶の大きさらしい。
また、グラニュー糖のカロリーは糖類の中で最も高いのだとか。

では具体的にどう使い分けるか。お菓子作りでの違いを探ってみる。
分量に関してはそれほど違いはなく気にする必要はないらしい。
仕上がりはグラニュー糖はさっくり、上白糖はしっとりした感じ。

つまり軽くめはグラニュー糖、重めの生地は上白糖がおすすめ。
上白糖の方が甘みが強いという意見もある。
しっとりとした、コクのある強い甘味とも。

グラニュー糖はショ糖純度が高いので、サラサラとした淡白な甘味らしい。
それらの特徴に応じて、ゼリーとかムース系ならグラニュー糖、クッキーなら上白糖といったように使い分けるのがいいようだ。

そうか!コストか!!! …と調べてみても値段的にはどちらも変わりはないみたい。
あとは…オシャレ感かな。



著者: tossie
居住地域:北関東 年齢:70年代生まれ 趣味:釣り、散策 言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。 ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。 プロフィール詳細 Twitterでフォロー

一言コメントする

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Related Posts

「マヨネーズ」 の由来

「ケチャップ」 の由来

「キッコーマン」 の由来