「小股の切れ上がった女」 の由来

いやそりゃねぇ~ 当然でしょ 何言ってるの?
そんな感じの第一印象。なんせそんな言葉知らなかったから。

小股の切れ上がった女

やらしいっ 汗

小股の切れ上がった女とは・・・股が長くてすらっとした、粋な女の姿を言うらしい。
知らなかった・・・
確かに腰の高くて足の長いスラッとした女性には憧れるし例えできなくても仕事が出来るみたいな印象を受けたり。ショムニの観すぎ?
ところで小股ってどこのこと?やっぱあそこ??

例えば相撲の決まり手「小股すくい」となら、膝から脛の辺りを手で払って相手を倒す技。
股をすくう技ではないわけですよね。そうかだいぶ考えていたより下のほうだな。
オマタではないわけだ・・・ でもそこが切れ上がるとは??

実は「小股の切れ上がった女」とは、着物の時代にできた言葉。
膝頭を付けて正対した時に、脚の部分が切れ上がったように見える状態や、少し着崩した感じで裾は前で合わせ、裾からすねや膝(小股)がはみ出して見えている姿を想像してみて下さい。
日常に着物の無い我々に分かりやすく言うなら膝から腿のあたりが切れ上がっていて、ちらりちらりとすそが開いて肌があらわになってしまう感じです。

んん~色っぽい。
その開いた部分が上に切れ上がってみえたわけですね。

今で言うと、レースクィーンやキャンペーンガールの立ちポーズの後ろ姿のイメージなんだって。
まぁ彼女達は小股どころかハイレグとか着て大股までさらけ出しているわけだけど。

せっかく覚えた言葉だからどこかで使ってみたいけどそんな機会あるのでしょうか?

「あのギャル小股の切れ上がった女じゃね↑。」

なんかおかしくねぇ↑



著者: tossie
居住地域:北関東 年齢:70年代生まれ 趣味:釣り、散策 言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。 ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。 プロフィール詳細 Twitterでフォロー

一言コメントする

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)