「ランチョンマット」 の由来

男社会には、男の文化には、そんなものはいらないんです。
できれば使いたくはない。できれば身近にも置きたくはない。
なのに・・・正月に買った雑貨屋さんの福袋に入ってきてしまいました。
しかも・・・四枚も。
一番いらないものだよ・・・(※個人の勝手な感想です)

「ランチョンマット」不思議な名前ですよね。
実は「ランチョマット」だと思っていました。
だって「ランチョン」だと売れない芸人みたいな変な名前に感じるし、「ン」がないほうがはっきりいって発音しやすくないですか?私だけ?
存在意味も私にはいまいち理解できません。
確かにテーブルに直接置くなら多少理解できますが、テーブルクロスがあるのにその上に置いてあることとかもないですか?
厚みがあるから端っこにスープと置くと倒しそうになるし、その上、汚すとなんとなく罪悪感も出てくる。
もっとも「ランチョンマット」なんて福袋に入ってくる程度の代物なんでしょうけど。

■「ランチョンマット」の由来

私が考えたのは、英単語複数説であります。
マットは「mat」で下に敷くもので間違いないでしょう。
問題は「ランチョン」さん。これはもしかして、、lunch+onで、マットの上にのせて食べる昼食とかから転じて、その敷物そのものを呼ぶようになったとか。

調べてみると、luncheon mat が元の英語だそうで、軽い食事やティータイムの時にテーブルに広げ、その上に食器を体裁よくのせる敷物のことを言うようです。
その目的は、「食卓を華やかにする為」なのだそう。
「luncheon」の意味は軽食なので、サンドイッチとかのイメージですかね。

他にも「形式ばった昼食」という意味もあるとか。よりよく見せたいって事?
確かに華やかになるということは理解できます。
でも「軽食」という訳が理解できません。
軽食で済ませるのに華やかにする必要があるのでしょうか?
「形式ばった昼食」というほうがまだ理解できるかもしれませんね。

あくまで否定的な私・・・
「らんちようのまっと」で「ランチョンマット」でいいのではないでしょうかね。
和製英語説で・・・


パール金属 Clair ランチョンマット G14(アイボリー) MK-2480


【日本製】ランチョンマット40cm×30cm むら糸/あかね【送料無料】




著者: tossie
居住地域:北関東 年齢:70年代生まれ 趣味:釣り、散策 言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。 ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。 プロフィール詳細 Twitterでフォロー

一言コメントする

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)