「ズボン」 の由来

私はなるべくこの単語は使わないようにしています。
なぜって・・いつまでもいくつになってもオシャレボーイ寄りでいたいから・・・
パンツ↑と語尾を上げることで下着と分けながら呼んでいます。
「ズボン」のことを。
しかし世間の多くの人々はズボンと呼ぶことでしょう。
この泣き別れした二つのトンネルからできた洋服のことを。
ズボンから想像できる語源は・・オジーオズボーン・・・? 
英語からでも中国からでもなさそうですね。調べてみましょう。

語源 由来
フランス語の「jupon(ジュポン)」からなのだそうです。
やはり外国からですか・・と書きながら洋服だから当たり前のことなのだと気づきました。
もともとjuponジュポンは女性がスカートの内側にはくペチコートのことなのだそうです。
ちなみにペチコートとは・・(男性のために)。スカートの形を整えるために着けるスカート形の下着のことだそうです。写真参照
透明に近いスカートの裏地みたいなやつですね。シルエットを保ったり透けを防ぎます。

幕臣の大久保誠知が「ずぼんと足に入る」と言ったことから「ズボン」いう説もあるそうですが、ただのダジャレだったとか。
いつの時代にもいるのですね。
ズボンはやはり、幕末から明治時代にかけて急速に日本に普及したそうです。
漢字も「股袴・細袴・短袴・洋袴・下袴・下服・服筒」など、様々なものがあったそうです。

ではパンツは?これもついでに調べてみました。
英語のパンツは「脚衣」「ズボン」を意味するパンタルーンズからきているそうです。
このパンタルーンズはパンタロンの語源でもあり、イタリアの喜劇やパントマイムの役名からきたそうです。
その役は痩せこけた老いぼれ役で、細くて長いズボンをはいていたとか。
私のイメージでは教育テレビののっぽさんかな。
英語ではやはり、パンツは下着よりズボンの意味のほうが大きいそうです。
これは日本人の下着であった「ふんどし」の代わりとなった「下着のパンツ」に相当の名前がなかったからなのだとか。
やはり二つの「パンツ」を分けるのはアクセントの位置なのだそうです。
そんなものって他にありますかね?
柿とカキ お酢と雄 ・・・ みんな全くの別物ですからね。
パンツは最後まで不思議。



著者: tossie
居住地域:北関東 年齢:70年代生まれ 趣味:釣り、散策 言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。 ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。 プロフィール詳細 Twitterでフォロー

一言コメントする

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)